CULTUREどっとねっと

現代文化とカルチャーと時々音楽を主に発信していく場。

MENU

男性でも作れる!5分で簡単涙袋のトレーニング方法!

スポンサードリンク

おすすめ記事1.土日暇なら何をする?有意義な休日の過ごし方を紹介します。
2. 世界の歌姫Bjork(ビョーク)を1500円で見た話。
3.今はアプリでお金が貯まる時代!おすすめ無料節約アプリを紹介します!
4. 『Nintendo Switch』おすすめゲームソフト10選!迷ったらこれ!

f:id:rse3:20171014172804j:plain

涙袋はイケメンや美女の重量なポイントであり、涙袋ががあるのとないのでは印象が全然違います。

芸能人でもほぼほとんどの方に涙袋があるのではないでしょうか。

もちろん女性だけではなく、男性もあります。

ジャニーズの社長であるジャニーさんもまず涙袋を見ると聞いたことがあります。

そんな涙袋を簡単に作る方法を紹介していきます。


目次

涙袋とは

f:id:rse3:20171014175445j:plain
そもそも涙袋ってなに?って思っている方がいると思います。

涙袋とは、眼輪筋(がんりんきん)という筋肉を指します。

筋トレをすると筋肉がつくのと同じように、眼輪筋も筋トレをすることによって大きくすることができます。


涙袋が大きいとどうなる

f:id:rse3:20171014181007j:plain


涙袋が大きいと目が大きく見えます。


よくイケメンや美女の特徴として、目が大きい人が多いと言われています。

二重でかつ涙袋が大きいとより目が大きく見えます。

もちろん筋肉なので筋トレをする事によってぷくっとした涙袋を作ることができます。

二重の人しか涙袋を作ることが出来ないなんてことはなく一重でも涙袋を作ることは可能です。


涙袋を作るトレーニング方法!

今回は、涙袋を作るトレーニング方法を3つ紹介します。

1.目を思いっきりつぶるトレーニング

①目を思いっきりつぶります。これで10秒間キープします。
②そのあとに、5秒間かけて目を開いていきます。
③この作業を10回繰り返します。

2.下まぶたのトレーニング

①上まぶたを人差し指と中指で上に押し上げます。
②下まぶたでまばたきをします。
③この作業を10回繰り返します。

3.まばたきを100回します。

①100回ウインクをします。
②その際に下まぶたに力を入れるように意識します。


まとめ

どうでしょうか。

このトレーニングをすることによって、涙袋を作ることが出来ます。

どれも5分ぐらいで出来るので、時間が空いた時にどこにいてもトレーニングすることが出来るのでお勧めです。

最初は疲れると思うので、自分のペースでゆっくりとトレーニングをしましょう。