CULTUREどっとねっと

現代文化とカルチャーと時々音楽を主に発信していく場。

MENU

釜山のゲストハウスで金髪美女に〇〇をしてもらった話。

スポンサーリンク

おすすめ記事1. 【月額325円】Amazonプライム会員の凄過ぎるメリットを10個紹介します!
2. 世界の歌姫Bjork(ビョーク)を1500円で見た話。
3.【iOS・Android】今はアプリでお金が貯まる時代!おすすめ無料節約アプリを紹介します!
4. 迷ったらこれ!『ニンテンドースイッチ』おすすめゲームソフト【9選】

f:id:rse3:20170907144648j:plain

こんにちは。とれもです。

いきなりですが、先日韓国の釜山でブロンドヘアーの美女に○○された話をします。

今回、釜山に旅行したのですが、なるべく安く滞在するために、ゲストハウスに宿泊しました。

僕が泊まったのは一泊1000円ほどの格安な『キャンバスホステル』というゲストハウスです。

でも、たった1000円なのにWi-Fi使い放題、朝食あり、ウォーターサーバーありという最高な場所でした。

ゲストハウスのレビューは、こちらの記事で詳しく書いています。
www.awaawa01.com

目次

国際交流が容易にできる

このゲスハウスは比較的国際交流がしやすい場所だと感じました。

というのも、僕は4人部屋に宿泊したのですが、二段ベッドが2つ並んでるだけなので、嫌でもコミュニケーションが必要です。

僕としても外国人の友達が欲しかったので、なるべく話すようにしていました。

ただ、僕は英語が喋れないので、ほとんど翻訳アプリで会話していましたが(´・ω・`)笑


また、入れ替わりが激しいので、僕が滞在した3日間のうち、韓国人1人、台湾人2人、オランダ人1人と友達になりました。


もちろん男女別の部屋なので、友達になったのは全員男です笑
 

そこに泊まっている人は、基本一人なので予定変更可能(僕も含めて)なので、「明日どこ行くの?」と聞くと「特に予定ないよ」と言う返答が多かったので、急遽一緒に観光する事もありました。

そんな感じで交流するには最適な環境でした。


ニュージーランド人の美女との出会い

僕は1日目は、ゲストハウスから海雲台のビーチが近いということで、釜山名物『デジクッパ』を食べに行きました。

関連記事はこちらです↓
www.awaawa01.com

そのあとに、海雲台のビーチをぶらぶら観光していたら、深夜0時になっていました。

宿泊しているゲストハウスまでは徒歩で帰れる距離なので、夜道をふらふらと帰りました。

ゲストハウスにつくと、共有スペースにブロンドヘアーの女性が1人いました。

めっちゃ美人です。

声をかけようか迷っていると、こっちに気づき、向こうから声をかけてくれました。

※すべて英語での会話ですが、分かりやすいように日本語表記で書いています。

美女「こんばんは。あなたは韓国人ですか?」

僕「こんばんは。いいえ、日本人です。あなたはどこの出身ですか?」

美女「私は、ニュージーランド出身です。××〇▼▽〇×(何て言っているかわからない)」

僕「ごめんなさい。私は英語を少ししか喋ることができません。」

美女「わかった、Google翻訳で会話しようよ」

僕「わかった」

と、こんな感じでこれ以降はスマホでずっと会話していました。


ニュージーランド人に〇〇をしてもらう!

お酒を一緒に飲もうと言われ、近くのコンビニにお酒を買いに行きました。

僕がつまみが欲しいなと言ったら、私が軽く作るわと言ってきました。


なんとニュージーランド人の美女が僕の為にご飯を作ってくれました。


ってことで、出来たのがこちらです。
f:id:rse3:20170905184521j:plain
餃子や軽い炒め物、スープを作ってくれました。

「簡単のものでごめんね」と言っていましたが、こちらとしては自分の為に作ってくれたということで、めちゃくちゃ美味しかったし、夢でも見てるかのようでした笑

ちなみにこれが深夜1時半頃です笑

結局その日は朝5時ぐらいまで、自分自身のこと、お互いの国のことや、好きな音楽の話などを話していたら、朝になっていました笑


英語が喋れない僕でも5時間、初対面の外国人とコミュニケーションをとっていました。



朝ご飯も作ってくれた!

朝になったので、そろそろ寝ようと言ったら、なんとニュージーランド人の美女が「朝ご飯を作るわ」と言ってご飯を作ってくれました。
f:id:rse3:20170907142621j:plain

わかめスープとキムチ、スパムご飯です。

スパムの量が多めでしたが、日本人の好みの味でした。もちろん僕も美味しくいただきました。

昼はそれぞれ観光する場所が決まっていたので、そこでお別れだと思い、僕はちょっと悲しんでいました笑


すると、ニュージーランド人に楽しかったのか「また今夜も飲もうよ」と誘われました。


もちろん、僕は空いていたので2日目も一緒に飲むことになりました。

そして、いつでも連絡を取れるようにSNSを交換しました。
 

朝ご飯を作ってもらい、昼はお互い出かけ、夜は一緒に過ごし、まるで恋人のようでした笑
 

 

ビーチを一緒に散歩

僕らが宿泊したゲストハウスは歩いて5分でビーチという最高なロケーションでした。

連絡をしたら、「夜ビーチに行きたい」と言っていたので、一緒に行くことになりました。

二人で夜景を見ながら散歩し、お腹がすいたらゲストハウスに戻り、ご飯を食べました。

次の日は、お互いチェックアウトということで、この日は深夜2時頃まで彼女とお酒を飲みながら会話をして過ごしました。

別れの日がくる!

3日目になりました。

僕と彼女は朝の9時にチェックアウトなので、
少し寝てから準備し、チェックアウトを済ませました。

彼女も僕と同じ日に出発で、これからソウルに行くそうです。

また必ず会おうと約束して、彼女と別れました。


国や言葉は違えど、コミュニケーションをとれるということを実感しました。


いつかまた、彼女に出会えるのを楽しみにしています。


まとめ

いやらしいタイトルにして、すいません笑

残念ながら?変なことはなかったですが、ゲストハウスには、たくさんの出会いがあるということを実感しました。

僕みたいに日本語しか喋れない人でも、コミュニケーションを取ろうという気持ちがあれば、国を越えて仲良くなることはできます。

ただ、英語を話せなすぎたので、今回の一人旅をきっかけに、英語を勉強しようと思いました笑

僕が宿泊した、ビーチまで5分という神ゲストハウスはこちらです↓
www.awaawa01.com


釜山には8000円ほどで行くことができるのでお勧めです↓
www.awaawa01.com