CULTUREどっとねっと

現代文化とカルチャーと時々音楽を主に発信していく場。

MENU

東京から8000円で釜山に行きました。

スポンサーリンク

おすすめ記事1. 【月額325円】Amazonプライム会員の凄過ぎるメリットを10個紹介します!
2. 世界の歌姫Bjork(ビョーク)を1500円で見た話。
3. 【完全保存版】インストール必須!iOS、android対応おすすめアプリ【27選】
4. 迷ったらこれ!『ニンテンドースイッチ』おすすめゲームソフト【9選】

f:id:rse3:20170905150325j:plain

こんにちは。とれもです。

僕は先日、有給と土日で韓国の釜山に行ってきました。


今回釜山に行く理由はユッケが食べたいから笑


ですが、あまりお金がないのでなるべく安く行きたいと思い格安航空券のサイトをいくつか調べていたのですが、だいたい片道10000円以上するんですね。

往復で20000円です。

まぁ、海外でこの値段は破格ではありますが、もっと安く行きたいと思って、かなり調べたらサプライスというサイトが断トツで安かったので、ここで航空券を購入しました。


なんと片道8000円!


他のサイトよりも往復4000円も安く行けるのは、かなりお得でした。おそらく業界最安値だと思います。

もちろん、僕が実際行ってきたので、某て〇みクラブのようなことにもなりませんでした笑


東京から約2時間で行ける

見てください。めっちゃ近いです。

九州から行ったら秒で着きますね(冗談)…でもかなり近いですよね!

ぶっちゃけ日帰りでも行ける距離です。


持ち物はこれだけ!

・パスポート
・お金
・航空券(eチケットの控え等)
・着替え(滞在分)
・下着、靴下(滞在分)
・充電器
・変換機
・ポケットWi-Fi
・歯磨きセット
・メガネ、コンタクト(必要な方)
・カメラ(スマホでもok)

お金

僕は3日間滞在だったのですが、2万円ほどで足りました。

換金は釜山の空港でしました。

今までの海外での経験上、現地で換金した方がレートがお得な場合が多いです。

今回はだいたい1wあたり0.1円ぐらいでしたので、例えば1000wで100円ぐらいですね。

20000円をwに変えたので200000wですね。

航空券

航空券はサプライスというサイトが断トツで安いので、こちらでの購入をお勧めします。

また、僕がチケットを取った後に最大3000円引きのセールを始めたので、それも利用すればもっと安くいけると思います。

もう少し、チケットを取るのを送らせればよかった泣

変換機

f:id:rse3:20170905143027j:plain
変換機はこれがおすすめです。


A型、O型、BF型、C型、SE型と、5タイプのコンセント形状に対応しているので、世界200カ国以上で使えます。


よっぽどマイナーな国以外は、基本使えると思って大丈夫です。

また、日本のコンセントとUSBが2か所にあるので、一度に計3つの媒体を充電することができます。

僕は、スマホ、充電器、タブレットと毎日充電していました。

また、日本語の説明書もあるので安心です。

ポケットWi-Fi

Wi-Fiを借りるなら、海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>がやっぱりおすすめです。

僕が海外に行くときは毎回ここでWi-Fiを借りています。

あらかじめネットで予約してから、空港で受け取るだけなので、現地での無駄な手続きなどもありません。

返却も空港に設置されているboxに返却するだけです。

今なら400円割引でかなり安価にWi-Fiを借りることができます。

もちろん日本人が対応していますので、困ることはありません。


実際に釜山に行ってきました!

f:id:rse3:20170905115846j:plain

2時間なのにちゃんと機内食がついてくるのは嬉しいですね。
f:id:rse3:20170905115850j:plain

僕の乗った便は14時発だったのですが、13時頃にガッツリ食べていたので、ほとんど食べられませんでしたが、普通に美味しかったです。

シーフードピラフでエビやホタテなどが入っていました。

ちなみに、中身の写真は撮り忘れました笑

飛行機では、自分のタブレットで映画を見て過ごしました。

飛行機の過ごし方に困っている人は、この記事をよければ見てください↓↓
www.awaawa01.com

そんなこんなで2時間ばかりで釜山に着きました。
f:id:rse3:20170905115908j:plain

8月下旬9月間近でしたが、なかなかの暑さでした。

韓国の空港はほぼハングル語なので、少しでも覚えていて損はないかと思います。

ちなみに僕は韓国語(ハングル語)は急ピッチでしたが、たった5分でだいたいは読むことができます。

その方法はこちら↓
www.awaawa01.com

そんな感じで釜山の記事をそのうちいくつか挙げていきたいと思います。