CULTUREどっとねっと

現代文化とカルチャーと時々音楽を主に発信していく場。

MENU

【レビュー】フィッシャーズもハマっている!『ナンジャモンジャ』がまじで面白い!シロとミドリの違いや遊び方を紹介します!

スポンサーリンク

おすすめ記事1. 【月額325円】Amazonプライム会員の凄過ぎるメリットを10個紹介します!
2. 世界の歌姫Bjork(ビョーク)を1500円で見た話。
3. 【完全保存版】インストール必須!iOS、android対応おすすめアプリ【27選】
4. 迷ったらこれ!『ニンテンドースイッチ』おすすめゲームソフト【9選】

最近、ボードゲームにハマっているとれもです。

先日はナンジャモンジャを買ってみました。

f:id:rse3:20170711102104j:plain


ナンジャモンジャとは

『ナンジャモンジャ』は、頭と手足だけの謎生物“ナンジャモンジャ”族12種類のカードが中央の場に次々とめくられるたびに、思い付きの名前を与え、後で同じものが出たら、その名前をいち早く叫んで、溜まったカードを獲得し、集めた枚数を競うゲームです。

ナンジャモンジャ:公式サイト

ロシア生まれのカードゲームで、2人~対戦する事ができ、ミドリとシロの2種類が販売されています。

ミドリのキャラクターはこんな感じです。

f:id:rse3:20170711102127j:plain

12種類×5枚の計60枚入っています。

ちなみに、シロとミドリの違いは、キャラクターの違いだけです笑

ルールなどは細かい仕様は特に違いはありません。

僕も買う時どちらにしようか迷ったのですが、あとあとそのことを知り、「キャラだけかい!!」と思ったのを覚えています笑

ちなみにミドリ、シロが入っているペアセットも売っています。


ルールは実際に画像付きで紹介します。


ゲームの遊び方

1.山札から1枚カードをめくる。

f:id:rse3:20170711102150j:plain

2.出たカードに名前を付ける。


例えば今回は『すいかちゃん』と名付けます。

3.1、2を繰り返す。

これを淡々と繰り返していきます。

f:id:rse3:20170711101959j:plain

4.以前名前を付けたカードが出たら名前を呼ぶ。

f:id:rse3:20170711102300j:plain

このカードの名前は『すいかちゃん』なので、『すいかちゃん』と言います。

一番最初に、付けた名前を言った人がカードを貰うことができます。

カードが複数枚あったらまとめて、その場にあるカード全てを貰うことができます。

5.最終的に一番カードを持っていた人が勝ち。

これだけです。

かなり簡単です。

youtuberのフィッシャーズも紹介しています。

フィッシャーズが動画をあげているのでこれを見るとより分かりやすいかと思います。

※画像をクリックすると動画を再生できます。

【大流行】ナンジャモンジャゲームの進化がめちゃめちゃ面白かったwww


最後に!

このゲームめっちゃ面白いです!!!!

カード自体も小さいので持ち運びもかさばらず、また、10分ほどで勝敗も出るので空いた時間にパッとできるのも嬉しいですよね。

一つ持っておいても損はないです。



セットが欲しい人はこちら。


他のゲームを知りたい方はこちらもあわせてどうぞ!
www.awaawa01.com

都内でナンジャモンジャ等のボードゲームができる店はこちらです。
www.awaawa01.com