CULTUREどっとねっと

現代文化とカルチャーと時々音楽を主に発信していく場。

MENU

電子書籍が流行っている今、図書館の素晴らしさを改めて考えてみた。

スポンサーリンク

おすすめ記事1. 【月額325円】Amazonプライム会員の凄過ぎるメリットを10個紹介します!
2. 世界の歌姫Bjork(ビョーク)を1500円で見た話。
3.【iOS・Android】今はアプリでお金が貯まる時代!おすすめ無料節約アプリを紹介します!
4. 『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』おすすめゲームソフト10選!迷ったらこれ!

f:id:rse3:20170418143423j:plain

今、紙媒体の本の売上が著しく落ちていると聞いています。

その原因は電子書籍にあります。

目次

電子書籍とは

f:id:rse3:20170419110520j:plain

電子書籍(でんししょせき)とは、紙とインクを利用した印刷物ではなく、電磁的に記録された情報のうち、従来の書籍(雑誌を含む)を置き換える目的で作成されたコンテンツをいう。

(wikipedia参照)

いまでは、本の媒体ではなく、すべてデータ化されている電子書籍が主流化しつつあります。

そんな電子書籍のメリット・デメリットを紹介します。

電子書籍のメリット

読みたいときにその場で手に入れることができる

一般的な書籍と違い、全てデータ化されているため読みたいときにその場で購入することができます。

読みたい書籍を探す時間をかなり簡略化

今までは書籍を購入するとき、いちいち棚を探す必要がありました。

今では、書籍を検索する機械がおいてある所が多いですが、この機械を使うよりも慣れている自分のスマートフォンや、PCなどを使う方が早く検索できます。

関連した書籍を見つけることができる

電子書籍販売サイトにもよりますが気になる書籍の関連した本を探すことができます。

ちなみに私は『Kindle』を利用していますが、このように表示されます。

仮に、『世界で一番やさしい会議の教科書(日経BP Next ICT選書)』を購入するとします。(この時はまだ気づいていなかったですが、Kindleを使用する上で注意する点があります)
f:id:rse3:20170414112251j:plain


するとこんな感じで「この商品を買った人はこんな商品も買っています」とおすすめを教えてくれます。
f:id:rse3:20170414111833j:plain

僕もこの機能で気になる商品を見つけたことがあります。


『Kindle』で購入する時に誤りやすい事例を実体験を併せて記事にしてます(泣)
www.awaawa01.com

電子書籍のデメリット

従来の書籍と比べて読んでる感じがしない

全てデジタルなので本の質量や、ページをめくる音などが聞こえないので従来の書籍を読んできた人たちからしたら物足りなさを感じま

電子書籍のメリット・デメリットを紹介しましたが、正直、電子書籍の方が効率性を考えるとかなり良いんですよ。


改めて図書館の良さを考える

f:id:rse3:20170419110606j:plain

こんなことを言ったあとですが、僕は図書館が大がつくほど大好きなので、休みがあれば図書館に通っていました。

ここで少しばかり図書館の良さを語ります。


www.awaawa01.com

すべて無料!!

ざっと1000冊は借りたんではないでしょうか?

本来だったら1000冊購入したとしたら、文庫本だと500円~本だと高くて1500円として、だいたい間を取って1000円とします。


1000冊×1000円=1000000円…






100万円です!!


それがなんと図書館で借りると

無料!!!!!!

本以外にも、今では、CDやDVDも借りることができる図書館もあります。

観光のガイドブックも置いてあるところもあるので、私は観光するときはよく借りていきます。

これは電子媒体では考えられないですね!

それが図書館だとすべて無料です。本すきにとってはかなり嬉しいですね。


とにかく雰囲気が良い

それに加えて、何より図書館の雰囲気が好きです。

たいていの図書館は飲食禁止で大声で騒ぐのは禁止です。

これだけ聞くと窮屈な場所のように感じますが、本をゆっくり読む場所としては最適なんです。

図書館内は静かなので、自分の時間で読みたいだけ本を集中して読むことができます。


気楽に読める

買ったものではない分、全部読もうと気を張って読まなくても図書館の本は、すべて無料なので、読んでみて合わなかったら違う本を読めばいいんです。

気楽に読める環境としての図書館は最高です。


デメリットもあるんじゃない?

褒めてばかりでも仕方ないので、ちゃんとデメリットも紹介します。

新品ではなく、他人が使ったもの

全て、レンタル品となるので新品ではありません。

まぁ、それを言ったらレンタルDVDとかもすべて、他人が使用したものにはなるんですけど、それが気になる方には不向きかもしれません。

24時間営業はしていない

電子書籍のように、読みたいにすぐ読むことができません。

そういう場合は、電子書籍の方がいいですね。


まとめ

電子書籍にしろ、図書館の書籍にしろ、「メリット・デメリット」はそれぞれあります。

僕はすぐに必要な時は電子書籍を利用し、それ以外は昔から使用している図書館で読むようにしています。

電子書籍もかなりおすすめです、それでもやっぱり僕は図書館が大好きなので、みなさんも今回の記事を見て、「久しぶりに図書館に行ってみようかな。」なんて思ってくれれば嬉しいです。