CULTUREどっとねっと

現代文化とカルチャーと時々音楽を主に発信していく場。

MENU

Suchmos(サチモス)はなぜ売れた?その要因として、実は「フリースタイルダンジョン」との関係性が大きかった!

スポンサーリンク

おすすめ記事1. 【月額325円】Amazonプライム会員の凄過ぎるメリットを10個紹介します!
2. 世界の歌姫Bjork(ビョーク)を1500円で見た話。
3.【iOS・Android】今はアプリでお金が貯まる時代!おすすめ無料節約アプリを紹介します!
4. 『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』おすすめゲームソフト10選!迷ったらこれ!

f:id:rse3:20170411111327j:plain

お洒落な写真をSNSに上げて『#まるでSuchmos』とタグを付ける人がいます。

この時代のお洒落なアーティストの代表格と言えばまず最初に思い浮かぶのが『suchmos』です。

僕も一度フェスで見たことがあったのですが、
服装がファッショナブルでかつ、曲調もバンドサウンドとは違い、落ち着いて聞いていられる曲が多く、日本っぽさがなくどこかUKのアーティストのようでした。

あとあと知ったのですが、Jamiroquai(ジャミロクワイ)というアーティストをリスペクトしているらしく、suchmosの音楽にも似ている部分が影響を受けたのが伝わります。

www.awaawa01.com

今までにない新鮮さ

マッシュでスキニーパンツというまさにバンドマンというスタイルではなく、GパンにTシャツ、サングラスで、そこら辺にいるおしゃれな兄さんがバンドを組んだというイメージが強いです。

そこが新鮮さを覚えたのではないでしょうか。

また、ホンダ「VEZEL」のCMで『STAY TUNE』が取り扱われたことでもsuchmosが売れた要因です。

音楽にあまり詳しくない友人にも「Suchmosって知ってる?」って話をすると「ホンダのCMのでしょ?」と返ってくるほど知名度は高いと言えるでしょう。

フリースタイルダンジョンとの関係性

また、近年ヒップホップが流行り出し、テレビ朝日の「フリースタイルダンジョン」がかなりの人気番組となっています。

フリースタイルダンジョン詳細はる

この「フリースタイルダンジョン」もsuchmosが人気になる要因ではないでしょうか。

「suchmosってラップ歌ってたっけ?」

そう思うかもしれません。

ラップはしていません。
ただ、ラッパーの「呂布」とのコラボでラップが入った曲があります。

www.awaawa01.com

ラップだけでなく、ヒップホップにあるストリートカルチャーをsuchmosは多く取り入れています。

ここで言う「ストリートカルチャー」とは、スケボーやヒップホップ、アート、ファッションなどのライフスタイルを指します。

ファッションはもちろん、スケボーをやっているメンバーがいたり、もともとはsuchmosメンバーはストリート出身です。

f:id:rse3:20170411111439j:plain

また、何よりsuchmosにはDJがいます。

Dragon Ashやライムスター、RIP SLYMEなど多くのヒップホップグループが使用しているDJを取り入れたことにより、ヒップホップ要素が強くなりました。

また、suchmosにはヒップホップグループSANABAGUN.のキーボードが所属しています。

これにより、ヒップホップ好きやバンド好きに関わらずジャンルを超えて愛されるバンドとなったのではないでしょうか。

まとめ

近年、フリースタイルダンジョンのおかげでヒップホップアーティストの曲を聴く機会が増えた中で、ストリートカルチャーの要素も入り混じったsuchmosの音楽に注目していきたいです。